食べても大丈夫な時間

飲み物

おやつを食べても良い時間

間食でおやつを食べてその場をしのぎますが、逆にいえばこの間食でしかおやつを食べることができないという制限が発生しています。もっとおやつが食べたいと思っても我慢をしなければいけません。そんな時にゴールデンタイムの存在を知っていれば少しは気持ちが楽になることでしょう。

ゴールデンタイムはこの時間

間食以外でもおやつにを食べて良いとされている時間帯が起床後の30分以内です。この理由に関してですが、起床後の30分以内は糖質が脂肪に変わりにくいという特性があるというのが理由となってます。起床後の30分以内はいわば無敵状態のようなもので、甘いものをある程度は摂取できるのでこの時間内に満足感を得ておきましょう。

筋肉が付く

起床後の30分以内に糖質を摂ると、脂肪ではなく筋肉が付きやすくなります。筋肉は自然に付くわけではないので筋トレすることは大前提となりますが、徒歩で長距離を通勤するのであれば足の筋肉が少し発達しやすくなるでしょう。筋肉が付けばダイエットの脂肪燃焼効果がアップするので嬉しいことです。

筋トレ後は甘いものを食べても大丈夫

糖質の摂取は筋力を付けるために重要です。筋トレをした後に糖質を摂取すると、その糖質は筋肉の回復に充てられて消費されます。ですから、脂肪へ変換されにくいのです。筋肉が付けば基礎代謝が向上しダイエットも捗りますし、便秘もしにくくなるといわれています。便秘がある人は代謝も弱まっているので、同時に酵素を積極的に摂り入れると良いでしょう。

おやつはあまり我慢しなくてもいい

ダイエット中でも思ったよりおやつを食べることはできます。ですから、辛くなる程の我慢をすることもありません。また、タイミングを見計らっておやつを食べることで筋肉も付きやすくなるので基礎代謝向上プラスダイエットが捗るというメリットもあります。さらにダイエット用のサプリメントも一緒に摂取すればさらにダイエット効果を高めることができるでしょう。

ダイエットで悩んでいた人たち

ダイエットが辛かった

昔から太りやすい体質だったので、少し食べるとすぐに体重が1キロや2キロ増えてしまいすごく悩んでいました。だから大好きなおやつも食べることに罪悪感すら感じるようになってしまったのです。きついダイエットをして精神的に辛かったのですが、おやつはタイミングや物を選べば意外と大丈夫ということを知りました。それから無理なくダイエットができるだけでなく、罪悪感もなくなって気持ちが楽になって良かったです。

中々痩せなかったです。

今までは食事制限をするだけでダイエットを頑張ったのですが、中々痩せることが出来ずに困っていました。しかし、最近になりサプリメントを取り入れることで状況が変化したのです。以前までは体重の増減は特になしで代わり映えしなかったのですが、最近は少しずつ体重が減っていきやる気が出て、それから、運動を取り入れるようになりさらにやる気に拍車がかかったのです。本当に些細なことから始めただけなのに今では理想的な体重にまで痩せることができ「まさかこんな結果になるなんて」と驚いています。

新着情報

広告募集中